故事成語

刎頸の交わり(ふんけいのまじわり)

友達

今さらではありますが、ソチオリンピックが終わりました。
冬季五輪に夢中になったのは、久しぶりのような気がします。

僕の中の冬の祭典の記憶は、恐らく長野オリンピックからではないでしょうか。

国内開催ということもあって、連日連夜マスコミが大々的に報道しており
テレビをつければ何かしらの競技が放送されていました。

ジャンプの葛西選手や、モーグルの上村選手は
この時すでに代表として参加していたわけです。

現役の選手をレジェンドと呼んでしまうのは、いかがなものかと思いますが
いくつになっても衰えない技術とスピリッツには、やはり感心してしまいます。

で、今回のオリンピックを観て、特に印象深かったことは
日本選手団の結束力です。

もちろん、これまでの大会でもそういったものはあったのでしょうが
画面を通じてでも伝わるチームワークの良さって、今回はずば抜けていた気がするのです。

代表的な種目が、フィギアスケートです。
選考を兼ねた日本選手権の時から、その空気はすでにありました。
鈴木選手の優勝を間近で見届けた織田選手の号泣とか、ハンパなかったですからね。

お互いを良きライバルとしてリスペクトしつつも
チームとして闘う姿勢に、胸が熱くなりました。
それは、おどけた集合写真なんか見れば一目瞭然だと思います。

羽生選手の後ろにいた、おじさんが気になるところではありますが…

4年に1度の晴れの舞台。
そこへピークを持ってくることの苦労と難しさ。
スポーツに携わったことのある人なら、容易に想像できると思います。

だからこそ、どこぞの誰かのとんちんかんな発言に腹が立つのです。

誰が好き好んで転ぶんじゃい!

でもこの発言の一番の問題は
「負けると分かっている団体戦に…」と言ったことだと僕は思っています。

誰が好き好んで負けるんじゃい!

選手及び関係者への侮辱以外のなにものでもありません。
こんな人がオリンピックの組織委員のトップにいるなんて、この国おかしいでしょ。

恐らく本人は、勇退する花道を用意できたとはりきっているのでしょうが
あと7年も本当に現役で続けていく気なのでしょうか?

この人へのダメ出しはキリがないので止めるとして
ここからまた4年後に向けて、選手たちの戦いが始まります。

ライバルがいるからこそモチベーションが保てるし
切磋琢磨し合う相手がいるからこそ、不断の努力を惜しむことなく続けられる。
それは国内だけに留まらず、海外の選手を含めて、同じことが言えると思います。

過程があって結果があるわけで
その過程を僕らは4年間追い続けることができるのです。
だから、本番での選手たちの頑張りに感情移入ができる。

何でもかんでも感動ヒストリーにしてしまう報道に疑問を感じつつ
それでもメダル云々と騒ぐよりも、清く潔い選手たちの人生に盛大な拍手を。

あともう少しだけ。

今度はパラリンピックが始まっています。
競技の運営や安全の確保のために仕方ないこととはいえ
そのぞんざいな扱い方には、やはり首をかしげてしまいます。

せめて開会式と閉会式くらい一緒にできないんですかね。
東京オリンピックでそんなことをやってみたら
平和の祭典の意味が本当に届くのではないでしょうか。

でもあの人がトップにいる限り、そんな発想は生まれないのだろうなあ。

せっかくきれいにまとめたかったのに。
ああ~あ。


Leave a Reply

Your email address will not be published.