へんなことわざ

親族の終わりは女

$こうたろ.com

歳の差婚がブームのようです。

30や40も歳の離れた相手と結婚するのだから、恐れ入ります。

財産目当てとか、夜の営みはどうするのだとか
周りは好き勝手なこと言って騒いでいますけど
当人たちにとっては大きなお世話というものですね。

インタビュアーの目が、2人を祝福しているように見えないのは僕だけでしょうか。

歳の差婚の背景には、SNSが絡んでいる、なんて説もあります。
同じ趣味を持った者どうしが集まるコミュニティがあって
そこで意気投合して、バーチャルからリアルな世界でもご縁があり
めでたくゴールインするということらしいです。

ネット上には今も昔も出会い系サイトがごろごろしていますが
そこからさらに一歩踏み出した形なのかもしれません。

古今東西、日本に限らず世界の主要な国では
家系は男子が継ぐものという風習があります。
(アフリカの先住民族のことまではわかりませんけど)

そのために王族や貴族では、近親婚が当たり前だったし
宮家や皇族の間でも、いとこ婚が常でした。
家系を守るための手段の一つだったのでしょう。

では、歳の差婚の場合はどうなるんでしょうか。
2人の間に子どもが生まれて、しかも男の子なら問題はないのでしょうが
子どもが生まれるかどうか、それすら疑わしいしくらいですから
お嫁さん1人残されて、あとは再婚か養子縁組か、なんてこともあるのかしら。

僕はこれでも長男なので
親にしてみれば、家系を継ぐのは僕、ということになるのでしょうね。

でも正直なところそこまでの意識はまだないし
お墓だけ守っていけば、あとは、まあいいかなと
かなり適当に楽観視しています。

仮に僕が歳の差婚をするとしたら、現役の中学生や高校生
もしくは小学生だって対象になり得ます。

…想像するだけでも、そら恐ろしいですな。

いくつになっても恋はしていたいですが
どんな女性が相手だろうと、相手の魅力を引き出してあげられるような
そんな器の大きさがほしいものです。


2 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published.