へんなことわざ

馬鹿と言っても8合馬鹿と3合馬鹿がいる

$こうたろ.com

数字の「3」には何か特別な意味でもあるのでしょうか?

三人寄れば文殊の知恵、とか
早起きは三文の徳、とか。

サッカーでも、ボールを持ったらトライアングルを作ることは基本だし
パワースポットであるピラミッドも、正面から見たら三角形です。
他にも例を挙げたらキリがないと思います。

なんでこんな話をしているかというと
先日、とあるミニドラマを書いていた時のことです。

ミニドラマなので、登場人物が二人でも、まあ、書けなくはない。
だけど、もう一人増やして三人にした方が、話が展開しやすくなるので
あえて三人目を登場させました。

これ、特別なテクニックでもなんでもなくて
素人がドラマを書く上での、基本的なテクニックなんですね。

ただ、このミニドラマには
登場人物の年齢設定が近い、という縛りがあったんです。

そこで、ハタと考えました。
キャラクターを造形する時に、おバカさん度に差をつければ
自然と登場人物の住み分けがしやすいぞと。

これまた基本的な技術に立ち返りまして
三人の性格が重ならないよう注意することで
それぞれのキャラの違いを明確にするわけです。

同じ、環境や境遇で育ったとしても
ある局面に出くわした時の反応で、その人の性格や立ち位置が分かります。
だから、そこをバラバラにしてあげれば、すんなりと納まるんですね。

繰り返しになりますが
人間が行動理由を決定する要因は
その人の置かれた立場や環境によって変わります。
性格が人を動かすのではなくて、立場が人を動かすのです。

職場とプライベートでの立ち振る舞いが違うように。
家族といる時と、恋人といる時との立ち振る舞いが違うように。
同一人物であるにも関わらず、です。

身近な人を観察してみれば、一目瞭然だと思います。
外面は良くても、家庭に帰ると横柄な態度になる人とかいませんか。

そんな人には、お葬式の時にでもこう言ってあげてください。
「あなたは世間的に申し分のない人間だったかも知れないけれど
決して、いい家族ではなかった」と。

ある部分では、他人より劣ってしまう場合があるかもしれないけれど
ある部分では、輝いて見えるモノがあるかもしれない。

短所ばかりに目を向けてイライラするよりは
長所にも目を向けて、お互いに笑いあえるような
そんな関係って素敵だと思いませんか?


Leave a Reply

Your email address will not be published.