英語

wind up

英語
:Okay,it’s time to wind up this meeting.
:How about winding up the festival with fireworks.

なでしこジャパンの親善試合が終わりました。
ガーナ代表を相手に5-0の勝利。

ただ、前半と後半は別のチームになってしまいましたね。
代表に選ばれている以上、年齢とか経験とか言い訳にはなりません。

前々から思っていることですが
なでしこの弱点は、レギュラー組とサブ組の差が大きすぎるという点。

前回のワールドカップ優勝メンバーが円熟期を迎えていることもあるし
そこに割って入るであろう若手が伸び悩んでいるのです。
リーグ戦では結果を残しているのに、代表戦だとポテンシャルを発揮できていない。

まあ、そこは佐々木監督が一番分かっていることだろうから
これから来年のワールドカップまでに、どのような手腕を発揮するのか。
そんなことに興味を持ちつつ、引き続き応援したいと思います。

さてはて、先日Apple社が、新型のiPhoneを発表しました。
僕は今、4Sを2年以上使っているのですが
買うなら今しかねえってことで、勢いに任せて新型を予約しちゃいました。
しかもPlusの128ギガという、大きくてスペックの高いものを。

本当は、最初の1ヵ月くらいは様子を見て
アクセサリー類も充実するであろう11月頃に買い替えを検討していたんです。

それがなんの心境の変化だか分かりませんが
予約開始当日にショップへ行って、えいやっと決断しちゃいました。

まあ、それはいい。

僕にとって大きな痛手だったのは
アップルストアから、iPod Classicが消えていたことです。
何の説明もないままに。

盗難にあってから約3か月。
いつか買おういつか買おうと思いながら、ダラダラとしていたら
まさかまさかの展開に。

そしてすでに近所の家電量販店からは在庫すら消えていました。

困ったなあ。
iPhoneがあれば、touchを持つ必要性はないしなあ。
そもそも容量が少なくて使えないしなあ。

長距離移動が多い僕にとって、音楽は必須なんです。
ネット上に残っている在庫をポンっと買ってしまえばいいのか。
iPhone躊躇せずに予約したように。

時代と共に、マーケットはころころと移り変わっていきます。
それは季節の変化よりも早いペースです。

需要があって供給があるのではなく、ニーズを作りだして商品を売る。

果たして、いつまでこのペースについていけるのでしょうか。
老いるだけの身としては、ここの分岐点が
ある意味人生の節目のような気がします。

と、考えることは大げさでしょうか。


Leave a Reply

Your email address will not be published.