復刻版・四字熟語辞典

合縁奇縁(あいえんきえん)

en

今でもはっきりと憶えている。
あれは大学受験が終わった春休みのことだ。

大学で演劇学を専攻したのはいいが
こちらは演劇の「え」も知らない田舎者。

なにかしらの予習をしていこうと思い
とりあえずレンタルビデオ屋へ行ってみた。
(芝居をビデオで観ようという発想がすでに素人)

今にして思えば、これは奇跡でしかないのだけれど
たまたま手に取ったものが
「劇団夢の遊民社」という劇団の作品だった。
(現在、市内のレンタル屋に演劇関係の作品は1本も置かれていない)

さっそく再生してみると
画面に映し出された世界にただただ唖然とするばかり。
そしてあっという間に虜になった。

これが野田秀樹さんとの出会いだ。

以来、僕は彼の演劇観にどっぷり浸かり
今でも彼の一挙手一投足から目が離せないでいる。

もしもレンタル屋に平田オリザさんの作品しか置いてなかったら
僕の演劇観はきっと別なものになっていただろう。

まさに刷り込み。
最初の出会いって本当に怖い。
でも幸運な出会いで良かったと思っている。

(2009年7月18日)

振り返りのコメント
野田さんの芝居は、僕の芝居の原風景ですね。
ここ数年は新作をまったく観れていないのだけど。
むしろなぜ「演劇学専攻」を選択したのか、それが謎。


Leave a Reply

Your email address will not be published.