復刻版・四字熟語辞典

石部金吉(いしべきんきち)

kasyu

マイナー好きのメジャー嫌いという言葉がある。

自分がご贔屓にしていたアーティストなり作家なりが
ある日突然ブレイクしてしまい
自分の手の届かない世界へ行ってしまう。
ファン心理としては実に淋しく、素直に喜べない状態になる。

含蓄のある言葉だが、そんな言葉は存在しない。

今、私が作った。

メジャーになった途端
それまで持ち合わせていたパッションが消えてしまう。
正確には消えたのではなく別の何かにすり替わってしまうのだ。

彼らを取り巻く環境に問題があるのかも知れない。
あるいは彼ら自身に問題があるのかも知れない。

いずれにせよ
大衆のものとなった作品は、私のあずかり知らずである。
彼らにしてもそんなこと知ったことではないだろうが。

稀にメジャーになったとしても、自分の世界が変わらない人もいる。
私はそういうタイプの人種を歓迎する人間だ。

マイナーであろうとメジャーであろうと
ホンモノとは時代に流されず
常にある種の哲学を含んでおり
絶えず心のドアをノックしてくれる。

私もそういうクリエイーターになりたい。

(2009年7月26日)

振り返りのコメント
随分とまあ、威勢のいいことほざいてますね。
穴があったら入りたい。
でも事実なのだから仕方がないか。


Leave a Reply

Your email address will not be published.