オンガク

androp-Shout

言葉は時に残酷だ。
たった一言で、大勢の人を苦しめることができるのだから。

本人は「冗談」のつもりでも
それが「冗談」にならないことがある。

当たり前だ。
「冗談」で許されるのなら、いじめなんて問題は起こらない。

還暦を超えたいい大人が
自分の発言になんの責任も持たないなんて。
そんな軽薄な人が、この国の中央にいるなんて。

怒りを通り越して、悲しい。
ただただ、悲しい。

それでも僕は言葉の力を信じている。
言葉を扱う人間として、言葉の可能性を信じている。

想いは言葉に届かないけれど
言葉にしなければ、届かない想いがたくさんある。

話し言葉。
書き言葉。

なんだって構わない。

言葉は、たった一言で奇跡を起こせるのだ。

言葉に罪はない。
あるとすれば、扱う側の人間の、人としての資質の問題。

人としての尊厳をかけて
言葉とじっくり向かい合おうと思います。

歌詞はこちらから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.