英語

come into being

$こうたろ.com
:When did the earth come into being?
:A new law has come into being.

毎日のように、いたるところで、このゲリラ豪雨が発生しています。
そして尋常ではない被害をもたらしています。

みなさんの地域は大丈夫ですか?

しかしゲリラ豪雨って、よくよく考えると、無茶苦茶な日本語ですね。
豪雨がゲリラって…
どうして気象予報士はスコールと呼ばないのでしょう?
発生のメカニズムが違うからですか?
ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご一報下さい。

夕立。
これならまだ風情がある。

でも最近のゲリラ豪雨は風情を感じている場合じゃない。
むしろ命の危険を感じます。

朝立ち。
これは雨とは関係ない。

逆立ち。
昔、拷問などでよく使われていました。

轍。
コブクロさんの歌にもありますね。

イタチ。
本物を見たかったら、山奥へ行って下さい。

太刀。
武士の魂です。

タチ
夜の新宿二丁目でお見かけします。

閑話休題。

今回のお題に相応しい文章を見つけたので転載します。
著作者の許可は得ています。
だって僕が書いた文章だから。
ある芝居を創った時に、宣伝用のチラシに載せたコピーです
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

「羊の水は大きいぞ」
たとえばさ、子供は母親の身体から産まれてくるじゃない。
で、母親はやっぱりその上の母親から産まれてくる。
その上の母親はさらにその上の母親から産まれてくる。

こんな感じでどこまでも遡っていくと
生物の起源は海にたどり着くんだ。
つまり海が母親ってわけ。海が産み、なんてね。

と、世間では言われております。
じゃあ海は産むだけかといえばそんなことはなくて
食物連鎖の名の元に、自然淘汰が行われて生命のバランスを保っている。

ここでもう1度人間の話に戻ってみよう。
海から産まれた生物が進化して人間になったとしたら
人間のDNAにも食物連鎖の記憶があって
知らず知らずのうちに自然淘汰しているのかも。

そんなことを考えると怖いよね。
でもこれは対岸の火事じゃないんだな。
テロだって戦争だってなくならないし。
もっと身近なところで考えると
昨今騒がれている家族の崩壊がそ、その序章だとしたらどうします?

序章が助走し始めている。
最近そんなことをちらほらと考えています。


Leave a Reply

Your email address will not be published.