シナリオ

ミニシナリオ「Yes or No」

#0608テーマ「サウナ」

登場人物
・高瀬真奈美(28)…OL
・小菅貫太郎(30)…真奈美の恋人。

〇 砂風呂用の部屋・内
  一面敷き詰められた砂。
  すでに埋まっていて、頭だけ見える人が数人いる。
  小菅貫太郎(30)が、横たわっている。
  貫太郎の上には、砂の山。
  浴衣姿の高瀬真奈美(28)がくる。

真奈美「カンちゃん、お待たせ」
貫太郎「遅い。っていうか、気持ちよすぎ、これ」
真奈美「そう。よかったね」
貫太郎「デトックス、デトックス」
真奈美「ほんと、悪いものいっぱい流れ出るといいのにね」
貫太郎「うん?」
真奈美「これから、いくつか質問をします。すべて、イエスかノーで答えてください」
貫太郎「質問?」
真奈美「先週の金曜日、つまり5月29日。あなたは出張に行きましたか?」
貫太郎「なんだよ、いきなり」

  真奈美、スコップを取ると、貫太郎の上に砂をかける。

貫太郎「おい」
真奈美「すべて、イエスかノーでお答えください。あなたは出張に行きましたか?」
貫太郎「えーっと……イエス」
真奈美「場所は、広島県で間違いないですか?」
貫太郎「イエス。お土産買ってきたじゃん。もみじまんじゅう。ってか、なに、これ?」

  真奈美、再び砂をかける。

真奈美「聞かれたことだけ、お答えください。その出張は一人でしたか?」
貫太郎「イエス。いや、ノー。後輩と二人」
真奈美「その後輩は男性ですか?」
貫太郎「……イエス」

  真奈美、さらに砂をかける。

貫太郎「え、ちょっと重いんだけど」
真奈美「言い忘れていました。正直にお答えください」
貫太郎「答えてるじゃん」

  真奈美、砂をかける。

真奈美「もう一度質問します。その後輩は男性ですか?」
貫太郎「イエス」

  真奈美、大量の砂をかける。

貫太郎「重っ! 熱っ! 真奈美、これ……」
真奈美「質問を変えます。赤木ユリという女性を知っていますか?」
貫太郎「!」
真奈美「知っていますか?」
貫太郎「……ノー」

  真奈美、大量の砂をかける。

貫太郎「イエス、イエス。今思い出した。あれだ、多分、経理部かどこかの。いたね、そんな名前の人」
真奈美「赤木ユリさんとは……」
貫太郎「え? 答えたんだから、砂どけてよ」
真奈美「(無視して)赤木ユリさんとは、性的関係を結んだことがありますか?」
貫太郎「! 真奈美、お前……」

  真奈美、ざっくざっくと砂をかける。

貫太郎「ごめんごめんごめん、質問の意図がちょっと」

  真奈美、ひたすら砂をかけ続ける。

真奈美「今朝ね、知らない番号から電話がかかってきたのよ。で、一応出てみたら、相手は女性で、赤木ユリですって名乗ったの。そしたら高瀬真奈美さんですかって聞かれて」
貫太郎「……」
真奈美「はあ? と思って。知らねーしと思って。なんだこの舌ったらずの女はと思って。どちら様ですかって聞くじゃん、向こうは私を知っているわけだし」
貫太郎「真奈美、その件に関しては……」
真奈美「(無視して、砂をかけ続ける)小菅貫太郎さんのことで、お話しがありますとか言い出して」
貫太郎「!」
真奈美「いやー、ここから先がビックリしたんだけど。今どきの子って恥じらいとかないのかって。私は自分の耳を疑いましたよ」
貫太郎「待った! 待った! 話そう。まずは話そう。どうやら大きな誤解があるぞ」

  真奈美、スコップを放すと、貫太郎の耳元に顔を近づける。

真奈美「続き、聞きたい?」

続く(かもしれない)


Leave a Reply

Your email address will not be published.