オンガク

渡辺美里 – 10years

10年です。

この10年、あなたにとってどんな10年でしたか。

幸福に包まれた人生でしたか?
なかなかヘビーな人生でしたか?

僕はどうにかこうにか生きていました。
あるいは、生かされていたという表現の方が正しいかもしれません。

生かされていた間
僕は、ずっとどこでボタンを掛け違えたのだろうと考えていました。

ずっとずっと考えていました。
けれど答えはまだ見つかっていません。

もしかしたら、この先も答えは見つからないのかもしれません。
それでも僕は、答えを見つけるためにあがき続けようと思っています。

あがき続けるということは、思い出にしないということです。
他の記憶と一緒に、喪失しないということです。

それでも時は残酷で
徐々に徐々に、記憶の彼方へ押し込めようとしています。
しかも甘美な思い出に変換して。

あの日あの時、僕が感じた感覚は
決して甘美なモノなんかではありません。

悲しみと怒りと後悔と自責の念と
そういったやり場のないものだけが、空間を支配していました。

その後、同じ空間を共有した者同士の小さな輪が生まれました。
まったく皮肉なのもので、その時生まれた小さな輪は
今では強固なつながりとして存在しています。

この輪が生まれたことが、唯一の救いと言えるでしょう。

あれから10年。

残されたものは、何としても生き延びよう。
何があっても生き延びよう。

心に刻まれた傷は決して浅いものではありませんが
お互いに傷をなめ合うのではなく
傷を抱きしめたまま、僕たちはこれからの10年を生きていこう。

https://www.youtube.com/watch?v=BmsmTb1fgsw

歌詞はこちらから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.