オンガク

福山雅治 – 幸福論

60億人の人間がいれば
60億通りの幸せの形があると思うんです。

だから、大切なことは
自分の価値観で他人の幸せを判断しないこと。

何が幸せのストライクゾーンかなんで
誰にも分からないじゃないですか。

相手の気持ちを想像しよう。

大好きなあの人のことはもちろん
大嫌いなあの人のこともイメージしてみよう。

悲しいけど
自分の周りにいる人が、全員自分の味方とは限りません。

むしろ、理解しあえなくて当然なんです。
だって他人なんだから。

分かりあうための「対話」ではなくて
分かりあえないことを確認するための「対話」。

分かりあえないから、毎日が楽しいし、毎日が苦しい。
生きるってきっとそういうことの積み重ねなんじゃないかと
この歳になって思うのでした。

歌詞はこちらから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.