オンガク

宇多田ヒカル – 誰かの願いが叶うころ

毎日を必死に生きているあなたに
「頑張れ」と声援を送ったところ
「これ以上何を頑張れというの?」という返事が返ってきました。

それ以上あなたにかける言葉を僕は知りませんでした。
以来ずっと探し続けていますが、今でも分からないままです。

言葉は時に
圧倒的な力の前では無力になってしまうことがあります。
励ましも慰めも勇気づけることさえも困難になることがあります。

一言の重みを知れば知るほど
沈黙に勝る方法はないんじゃないかと疑ってしまいます。

それでも。
たとえ今のあなたにとっては無力かもしれないけれど
僕は言葉の力を信じたいと思っています。

あなたの魂の深淵に届くまで
僕は何度も繰り返し同じ言葉を投げかけるでしょう。

想いは言葉に届かないと言いますが
言葉にしなければ届かない想いというものがあるのです。

どうか、あなたが笑顔で明日を迎えられますように。

歌詞はこちらから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.