故事成語

青は藍より出でて藍より青し(あおはあいよりいでてあいよりあおし)

$こうたろ.com

暑かった夏も終わりを告げ、秋の便りが届き始めた季節となりました。

今日のこのよき日に、僕は僕であることを卒業します。

思い返せば37年前、この世に生を受けて以来
僕は僕であることを演じ続けてきました。
それが自分に与えらえた役割りだと思っていたからです。

「人生は舞台、人間はみな役者」とシェイクスピアは書いています。
だとするならば、僕は僕という人生の舞台の上で、踊り続けてきたことになります。
不器用ながらもステップを踏み続け、ビートを刻み、リズムを奏でてきました。

ところがいつの頃からでしょう。
呼吸が乱れ始め、バランスを崩し、不協和音が聞こえるようになりました。
懸命に立て直そうとするのだけれど
もがけばもがくほど水面は遠ざかっていきました。

どこまで沈んでいくのだろう。
このまま朽ちてしまうなら、それも悪くない。
出来ることなら、痛みを伴わずそっと枯れていけばいい。

桜の季節に生まれた僕が
紅葉となって散りゆくならば、それは本望というものです。

突然ではありますが、無償の愛について考えたことはありますか。
見返りを求めない愛とは、いったいどんな形をしているのでしょう。

そもそも愛に形なんてあるのでしょうか。
あるのだとすれば、それはいったいどんな形をしているのか教えてください。
もしかすると、僕はないものねだりをしているのかもしれません。
だってユートピアなんて初めから存在しないのだから。

存在しなものにすがろうとしている自分に気がついた時
激しい寒さが僕を襲いました。
形のない愛を求め、そしてその寒さに負けたのです。

僕は大地に崩れ落ち、膝まづき、静かに接吻をしました。
神様なんて信じない。そう信じてきた僕が祈りを捧げているのでした。
その祈りは、誰に対する祈りなのだろう。どこへ届く祈りなのだろう。

この星にはもう60億の祈りを引き受けるだけの力はありません。
そう思った時、僕は初めて宇宙の力を感じずにはいられませんでした。
宇宙が有限な分子の組み合わせでできているなら
きっとこの星と同じ分子の組み合わせでできている星があるに違いない。

そこには、やはり大地に膝まづいて祈りを捧げている自分がいるだろう。
きっとその自分に対して、僕の祈りは届くだろう。

ならばと思います。

僕は僕の祈りを自分で受け止めることができる。
寒さに負けた自分を、もう一度温めることができる。

温められた僕は、今の僕よりずっとたくましいでしょう。
あの時手放してしまった想いを、握りしめることができるでしょう。

薄れゆく意識の中で、僕はようやく希望の光を見つけることができました。
これで思い残すことは何もない。

僕は、静かに身体を丸めると、ゆっくりとまぶたを閉じるのでした。


6 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こうたろさん。こんばんは (´◡͐`)
    "無償の愛" って。。"見返りを求めない
    愛" や "無条件の愛" や‥
    いろんな言い方がありますよね。
    でも。カタチじゃないような気がするん
    です。感じるモノだと。
    (私もわかってはいないんですけどね‥)
    人によって感じ方は様々で表現の仕方も
    違うんだろうけど。^^;
    色で言うと 赤かもしれないし、ピンクか
    もしれない。虹色かもしれない。
    包まれる感じかもしれないし、すっごく
    温かいのかもしれない。
    何色であってもいいし、感じたいと思い
    ます。
    PS。僕を卒業して誰になるんですか?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >まにまにさん
    こんばんは。
    だいぶ前のドラマになりますが、野島伸司さんが書いたドラマで
    「世紀末の詩」という作品がありました。
    1話完結なんですけど
    ドラマの中で野島さんは、毎回様々な愛の「カタチ」を提示していました。
    もちろんそれは言葉にできないものばかりなんですが
    最終回で、なんと、愛の形をはっきり示したのです。
    なんだと思います?
    それは、風船でした。
    それこそ色とりどりの風船があって
    たくさん息(愛)を吹き込めば大きく膨らむし
    針でつつけばすぐに割れてしまうもろさがある。
    ちょっと、やられたなと思いましたね。
    僕も直感で生きている部類の人間なので
    「感じる」ことは大切にしていきたいと思います。
    同時に、作家としては、形にできないものを
    「言葉」を使って表現する術を身に着けたいなと思います。
    卒業して…なんになるんでしょうね。ナニモノかになれるんでしょうか(・_・;)

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >こうたろさん
    愛を風船にたとえるのもスゴイですね!
    こうたろさんが "無償の愛" を理解した
    トキ、どんなコトバでどんなカタチで
    表現されるのか。。
    楽しみです( ♡ᴗ♡ )

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >まにまにさん
    言葉にするとチープになりそうな気がしてます(><;)
    本当は、愛とか恋とか口にしない男なんですよ、僕は!

  5. SECRET: 0
    PASS:
    大切な人がそこに存在し続けてくれている。
    それだけでいい。
    …これは私の望みか笑
    無償の愛って…放任?←叱られそう笑

  6. SECRET: 0
    PASS:
    >あこさん
    ほほう…なるほどですね。
    でも確かに、存在してくれている、それだけでいいというのは
    すんごく、よく分かります。
    いなくなったら、残された方は途方に暮れるしかないですから。
    でもね。
    断じて放任ではない!(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.