故事成語

骸骨を乞う(がいこつをこう)

$こうたろ.com

僕は無類の坂本龍馬好きです。(座右の銘も龍馬の言葉から)

彼の残した言葉の中で、もっともしびれる台詞があります。
大政奉還をなし得た龍馬が、西郷隆盛との会談の中で発した台詞。

「世界の海援隊でもやりますかいのう」

知ってる人は知ってるし
初めて聞いた人にはなんのことだかさっぱりですね。
でも今日はこのまま進めます。

龍馬は、自分が新政府の役職に就くことをよしとせず
(断腸の思いで身を引いたのではなく、初めからその気がなかった)
かねてよりの自分の夢であった、世界を相手に商売をする道を選びました。

権力争いに明け暮れる他の志士たちをしり目に
いとも簡単に言ってのける。

異国の手から日本を守り、新しい国の形を作る。
そういう意味では、龍馬も他の志士たちと同じ考えだったはずです。

けれど、その中身が違った。
龍馬は自分の夢を叶えるためには、当時の徳川政権の元では不可能だから
だったら、ついでに幕府を倒しちゃえ。そんなノリだったように思うのです。

もちろん諸説いろいろありますが
僕は、この龍馬のフットワークの軽さと(現実的にも軽かったけど)
ノリの良さが、血眼になっていた他の志士たちとの大きな違いだと思っています。

西郷も大久保も桂も、歴史に名を残す偉大なる人物だったでしょう。
それでも龍馬一人に翻弄され、時代は流れていきました。

唯一、高杉晋作だけが、朋と呼べる存在だったのかも知れません。
(僕は晋作も大好きなのです)

龍馬が暗殺されたことで
結局、戊辰戦争の火ぶたが切られ
世界の歴史上初の無血革命はなりませんでした。

龍馬も、世界の海援隊を夢見ながら、志半ばで、その人生に幕を下ろしました。
その後の日本の歩みは周知の通りです。

相変わらず日本の政治はグダグダです。
党首選がどうのこうのと騒いでいますが、ちっちゃいちっちゃい。

日本が滅びるか、地球が滅亡するか、カウントダウンは始まっています。
どうせ滅びる運命ならば、座して待つより、大志を抱いて潔く散りたい。

いや、散ったらダメだな。

それは龍馬も望んでいたことじゃないもんな。

現実を見つめる目と、現状を打破する行動力。
世界の~とまではいかないにしても
自分なりの幸福の形を見つけたいものです。

自分自身のデモクラシーですよ。


Leave a Reply

Your email address will not be published.