オンガク

COMPLEX – Be My Baby

インターネットラジオ「清水功太郎のホペイロのささやき」
第3回目の配信が始まりました。

番組の視聴はこちらから⇒「清水功太郎のホペイロのささやき」

今回は、いつものコーナーに加え
特別緊急企画として
処女戯曲の一部抜粋した台詞の朗読にもチャレンジしております。

なぜ、今、この台詞なのか
ということは改めて説明したいと思っております。

過去2回の放送も聴くことができますので
まだ一度も聴いたことがないという方も、ぜひこれを機会にご視聴下さい。

同時に、お便り、出演者、情報提供者を募集しております。
番組内にリンクしてあるボタンをポチっとしてください。
たくさんのご意見、ご感想をお待ちしております。

さて、いよいよ10月に突入です。
何がいよいよだか分かりませんが
この季節になると、気分が急いてくるのは僕だけでしょうか。

いつの頃からかハロウィンが市民権を得て
それが終わると、一気にクリスマスムードに包まれるじゃないですか。
そしてクリスマスが終われば、あっという間に年末ですからね。

恐らくは、その時間の流れの早さについていけないのでしょう。

でも、ちょっと待ってくれと。
夏を総括しないまま、秋から冬へ流れ込むのはやめてほしいと。

総括するほどのイベントがあったわけではありませんが
きちんとサヨナラを言いたいじゃないですか。

夏さん、今年も猛暑をありがとう。
ところが残暑らしい残暑を味わうことがなかったので
カキ氷用のシロップが余ってしまって困っています。

かしこ。

で、今回ご紹介するのは、夏と全く関係のない曲です。
発売当時には、この曲のよさがよく分かっていなかったのですが
この歳になって、このオープニングの映像を観たら
鳥肌が立ったわけですよ。

こういうかっこいい歳の取り方をしたいものです。

現役を知らない若い世代にも届くかなあ。

歌詞はこちらから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.