死語辞典

お前の計画は話しがピーマンだな

pi-mann

「夢は声に出して語った方がいい」

どこかしらでよく見かけるキャッチコピーです。
この言葉には二つの意味があると思っています。

一つ目は、まず自分の計画をはっきりとアナウンスすること。
どこで何がどう繋がっているのか分からないので
情報を聞きつけたなにがしから、援軍がやってくる場合があります。

二つ目は、自分で自分の退路を断つこと。
自分の言葉には責任をしっかりと持ち
まずは外堀から埋めていって逃げ道をなくすと。

夢物語を夢のまま終わらせるのか、そこへ向かって前進していくのか。
おとぎ話を後世に伝えたいなら前者を選べばいいし
人生を冒険活劇にしたいのなら後者を選べばいいのです。

冒険活劇なんて言葉を使いましたが
「夢」の形は人それぞれであって
他人と比較したり難易度を競うものではありません。

思い返してみれば、僕たちは子どもの頃、将来の夢があったはずなんです。
疑うことなく声に出して発表していたし
それを聞いた周りの大人たちだって、無条件で喜んでくれていたでしょう。

歳を重ね、現実を知って、やがてどんどん夢はすぼんでしまい
いつの間にやら、自分は何がやりたいのか分からなくなってしまいます。

身の丈を知るとか、分相応とか、確かに現実を直視することも必要ですが
それを言い訳にして、努力することから逃げてはいないだろうかと
内なる声に問いただしてみる時間があってもいいと思うのです。

努力すれば夢は叶う、なんて言葉を盲目的に信用してはいませんが
努力しなければ夢は叶わない、ということも忘れてはいけません。

繰り返しになりますが、夢の形は人それぞれです。
かと言って、好き勝手な妄想に走ってしまうと摩擦が生じます。
他人を傷つける可能性が出てきてしまうということです。
それではちょっとまずい。

「最初はほんの出来心だったのよ。軽い芝居だったの。それがあれよあれよという間に、現実になっちまうんだもの。街の連中に芝居をさせるつもりで始めた芝居が、舞台を超えて芝居を始めやがった。凄いよ。みんなを役者にしちゃったんだから。みんなが役者ってことは、世の中が芝居をしてるってことだからな。どこまでが真で、どこまでが演技なんだか分からない。もはや俺が何を言っているのかも分からない。それだけ混沌としてきたってことだ」

20代の時に書いた台詞です。
現在の世相を現していると思っているのは、僕だけでしょうか。
あまり褒められたものではありませんね。

願わくば、自分が夢に向かって行動することで
周りの人がハッピーになりますように。

最初はピーマンだっていいじゃない。きちんと中身を詰めて返すからさ。


Leave a Reply

Your email address will not be published.