新装版・四字熟語辞典

十中八九(じっちゅうはっく)

IMG_0229 (1)

奇跡は信じるものではなくて、起こすもの。

J2リーグも残り2試合となりました。
我らが栃木SCはすでに21位以下が確定しています。

ということは、よくてJ3のチームと入れ替え戦。
最悪…ここはあえて書かないようにします。

だから、僕は明日のホーム最終戦には現地参戦しません。
いや、参戦したいのだけれどもテレビの前で応援します。
栃木SCの本当の最終戦は、入れ替え戦だと思っているからです。

実力でそのピッチに立って戦う権利を手にして下さい。
そしていつの日か、この記事が思い出話になるように
J2残留という結果を残してください。

夢は見るものではなくて、叶えるもの。

この歳になって、いつまで夢物語を見ているのだという
プレッシャーが各方面から飛んできます。

…この表現は正しくないですね。
自分で勝手にプレッシャーを感じているだけです。

昨日、ちょっとしたアレがありまして
自分の心技体について、自分に問いかける機会がありました。

そこで感じたことは
身体は老いても、心は枯れていなかったということです。
その確認ができただけでも十分価値のあるアレでした。
もちろん結果がついてこないと自己満足で終わってしまいますが。

以前もどこかで書きましたが
人を成長させるものは、向上心と好奇心と勇気です。

自分に伸びしろがあると感じている間は、きっと大丈夫。
向上心と好奇心が折れることはないでしょう。

問題は、勇気です。
勇気という言葉をあえて使っていますが
プレッシャーに負けず、一歩踏み出す気概を
どこまで維持できるのか、ということです。

幸せの形は人それぞれ。
こんなことを書いている自分が
明日には180度反対のことに興味が向いているかもしれません。

でも少なくとも
僕は、僕が選んだ道を歩いている時が一番幸せなのです。

放漫だとか偏愛だとか、色々ご指摘はあるでしょうが
本当のことなのだから仕方がない。

二兎追うものは一兎も得ずと言いますが
二兎どころか、獲物が三兎も四兎もあって
それらをすべて追いかけたいと思うなら、すべて追いかけるでしょう。

結論ありきで、人生を決めてしまうなんて
そんなもったいないことできません。

墓石に「少なくとも最期まで止まらなかった」と
彫ってもらえるくらいの心意気と気構えを忘れないように。

…本日はテンション高めの文章ですが
昨日のアレと、明日の試合のことを思うと
いてもたってもいられないという心境なのです。

やっぱり明日スタジアムへ行くかもよ!


Leave a Reply

Your email address will not be published.