Content Idea

How Crocus Can Help You Predict the Future ?

bouen
今日の誕生花:Crocus

僕は未来を約束しません。
明日を無事に迎えらるかどうかなんて分からないからです。

だから今を生きる。
今日、燃え尽きてもいいように全力で生きる。

乱暴なモノの言い方になるかもしれませんが
これが、僕の人生における基本的なスタンスです。

がむしゃらに走り抜いて、今日を終える。
そして運良く明日を迎えることができたら
またがむしゃらに走り抜きます。

そんな1日1日の積み重ねが365日続いたら
366日目は、支えてくれたたくさんの人に感謝して
また、新しい1日を始めます。

とは言え、僕はこの世に生を受けた以上
独りで生きているわけではないので
どこかで誰かと人生が交錯する瞬間があります。
これまでもあったし、おそらくこの先もあるでしょう。

交錯して並走している間だけ、僕は夢を見ます。
それが恋愛なのか、仕事なのか、文化的発展なのか分からないけれど
とびっきり楽しい夢を見るようにしています。

期間が半年なのかもしれないし半生かかるのかもしれないし
はたまたほんの一瞬なのか予測はつきませんが
夢を見ている間だけは、醒めないことを願います。

けれど夢はいつか目覚めるもの。
そのことを知っているから
相手に多くを望まないし、自分にも期待しないようにしています。

その代り、がむしゃらに走り抜くことだけはやめません。
スタートラインに立って、ゴールのテープを切るその瞬間まで
ぶさいくでもかっこ悪くても走り続けるでしょう。

打ち上げ花火のような派手さはありません。
ねずみ花火のような騒々しさもありません。

ただ、線香花火のように
あの火の玉が落ちないでと願うように
地味ではかなくもろいかもしれないけれど
パチパチと音を立てながら、命の火を燃やすのです。

人生を走るということは、
リレーのランナーに似ているかもしれません。

僕がこの世に生を受けたのは
きっと誰かからバトンを引き継ぐためであって
いつの日か、このバトンを手渡す相手に出会うまでは
大切に握りしめておこうと思います。

そして、そのバトンを手渡す相手が見つかったら
たとえばそれが自分の子どもなのか
はたまた今はまだ名も知らぬどこかの国の誰かなのか
きっちりとバトンを手渡します。

手渡して初めて
その先が見たいと思うようになるのかもしれないです。
バトンの行く末を見届けようとするかもしれないです。

刹那を生きる自分が、永遠を垣間見る瞬間に立ち会いたい。

いつかそんな日がやってくることに思いを馳せ
今日もただただ走り続けようと思います。


1 Comment

  1. What if oil just isn't that important an input to the faster-growing parts of the economy? Other people mentioned finance, but that also applies to healthcare, education, IT, and a lot of services. Oil is only really an input to a few sectors – plastics, chemicals, trnaaportstion, construction, agriculture, some others. But most oil-using transportation isn't really that important for GDP. People have to get to work, but how they get there isn't necessarily important to what they produce when they get there.

Leave a Reply

Your email address will not be published.