故事成語

初心忘るべからず(しょしんわするべからず)

bousann

2015年も残すところ、あと2週間ちょっととなりました。

…なんてね、まとめるには時期早々ではありますが
どうやら僕の2016年は、またまた新しいチャレンジの年となりそうなので
ここでその意気込みを忘れないように忘備録として記しておきます。

まずは、継続して取り組んでいるシナリオについて。
そろそろ、というかいい加減に目に見える形で結果が欲しいです。

残念なことに、欲しいといってもらえるものではありません。
だから結果にこだわって、しっかり準備をし貪欲に狙っていこうかなと。

毎回毎回同じことの繰り返しになりますが
素人ではあっても初心者ではないので
謙虚な姿勢を崩すことなく、でも必要以上に卑屈にならず
これまで以上にピッチを上げて創作したいと思います。

そしてまだ公にはしておりませんが
新たなステージに立つべく
こっそりと動き出したプロジェクトがあります。

本格的な始動は年明けからになる予定ですので
具体的に活動が始まりましたら、何らかの形で報告させて頂きます。

いずれにせよ、この歳になっても
新しいチャレンジの舞台に立てるなんて、本当にありがたいことです。

このチャンスを生かすも殺すも、すべては自分次第。
一朝一夕で結果が伴ってくるものではありませんし
しばらくはどうしたって下積み期間が必要です。

この期間に、集中を切らさないこと。そして気持ちが折れないこと。
なにより、僕のポテンシャルを信じてくれている人たちのためにも
やはり、結果という形で報いたいと思っています。

「可能性がないわけではない」

この言葉を頂いてから、随分と経ったような気がします。

途中、脱線したり休憩したり、あるいは後戻りしたりと
なかなか前進することができない時期が続きました。

それでもなお、あきらめが悪いというか
他の道を見つけることができなかったというか
やはり、これまで自由に生きてきたのだから
これからも自由に生きていこうと思います。

ただし、責任と自覚を持って。
これだけは絶対に忘れずに。

投げ出すことはいつだってできるんです。
進路変更したければ、好きなように変更すればいいんです。

でもね、そんな逃げ道はいりません。

退路を断つ。
その覚悟を問われているわけですから
ここで戦わなければ、いつ戦うの?って話じゃないですか。

さあて、2015年の残りを一気に駆け抜けて
その勢いを持って、2016年のスタートを切りたいと思います。


Leave a Reply

Your email address will not be published.