オンガク

浜田省吾 – 悲しみは雪のように

都内でも今年最初の冠雪を記録しました。
どうりで冷え込むわけです。風が痛い痛い。

僕は、ずっとずっと
人として何かが欠けているんじゃないかと思っていました。
決定的な何かが。

正確にいうと、今でもその想いは変わらないし
むしろ強くなる一方です。

一時的に感情的になることはあったとしても
きちんと怒ったり憎んだりすることができないのです。
だから素直に喜ぶこともないし楽しむこともありません。

一見、真逆のように思える関係でも
両者は表裏一体で、均等を保っていなければバランスが崩れます。

人を愛することは、人を憎むことと同義です。

できそこないか。
やれやれ。

歌詞はこちらから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.