死語辞典

おいおい、シャバいヤツが来ちゃったよ

daibutu

いよいよ本日Jリーグが開幕します。
例年ですと3月開幕なのですが
今年は、スケジュール調整の結果2月開幕となりました。

正直、メリットが大きいとは思いません。
雪国をホームタウンとしているチームには酷な話だし
なにより、リーグ戦後のCSが日程を圧迫しているので
2ステージ制も含めて、この制度の見直しをしてほしいです。

サッカーの勝敗は、選手やスタッフだけで決まるものではありません。
1年間を戦い抜くだけのチーム力
すなわちフロントやサポーター、ファンと言った
直接試合に関係ない要素が多分に含まれているのです。

その結果、トータルとして1年間勝ち点を上積みしたチームに
チャンピオンの称号が与えられるべきだと思うのです。

「百年構想」を掲げるのであればなおさら
目先の結果よりも、長期的なビジョンを持ってほしいのです。

ま、やると決まったからには当然応援しますけどね。

で、Jリーグが開幕となれば
やってくるのがサッカーくじです。

オフシーズンの間は、海外サッカーをくじの対象としていましたが
やはり国内の試合の結果を予想した方がやる気がわくというもの。

とはいえ、言うは易く行うは難しでなかなか結果が伴いません。
もともと、手持ちの掛け金が微々たるものなので
ほんのお遊び程度にしか買うことはできないのです。

それでも買うからには、全力で当てにいきます。
恐らく、予想している間の気持ちの高鳴りが癖になるのでしょう。
ギャンブルにはまる人の気持ちが分からないでもない。

サッカーくじには大きくわけて2種類のくじが存在します。
コンピューター予想にすべてをかけるBIG系と
自分で予想を立てるtoto系です。

BIG系の方がギャンブル的要素が高い分、配当も高額になります。
でも予想する楽しみを味わうなら、やはりtoto系ですね。

過去の戦歴をもとに、脳内シュミレーションをして
マークシートにに一つずつ印をつけていく時のドキドキと言ったら。

まあね、残念ながらここまではトータルで負け越ししていますから
それを取り戻すべく、今年こそは一攫千金狙ってチャレンジです。

当選した場合の使い道はもう決まっています。
あれやこれやとやりたいことがたくさん待っています。

そんなこんなで、ワクワクとドキドキがつまった週末が
いよいよ始まるのです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.