故事成語

人生意気に感ず(じんせいいきにかんず)

hataraku

最近、更新頻度が落ちておりますが
決してサボっているわけではありません。

毎年年度末は、シナリオのコンクールが立て続けにありまして
誠心誠意、執筆中なのであります。

僕もいい歳なので
いつまでも大器晩成と言っているわけにもいきません。

応援してくれる人、待ってくれている人たちのためにも
しっかりと目に見える形で結果を残したいのです。

引き際を間違えたと言われればそれまでなのですが
可能性がないわけでないという可能性を信じている限り
そうそう簡単にギブアップしてたまるものかと思います。

綺麗ごとを言うつもりはありませんが
これがたった一人の売名行為だけで取り組んでいたのでは
きっとやさぐれてスキルもメンタルも成長していないはずです。

毎回スランプスランプと騒いでおりますが
わずかながらも成長しているという手触りがあって
その度に、目の前の壁が高くなって
ふがふがともがいている自分がいます。

大変ありがたいことに
僕のポテンシャルを評価してくださる方がいます。

だからこそ、厳しいご意見も頂戴するし
今に見ておれという、やる気にも繋がるのです。

こちとら、趣味や余興でやっているんじゃないんでい。
人生かけているんでい。

と、声高に叫んだところで
やはり実力がモノをいう世界ですから
ポテンシャルだけではどうにもなりません。

きちんと開花させて、結果を残すことがすべてなのです。

「難しいですか?できませんか?」と問われて
「できません」とは口が裂けても言えません。

そこは「やります」と答えるしかないでしょう。

そして答えた以上は、やり遂げる。
心意気だけではなく、成果として残す。

…分かっちゃいるんですけどね。
はうう、もどかしい自分が情けない。

ということで
とにもかくにもあと半月
死にもの狂いで頑張ります。と宣言します。

そんなこんなで
ブログの更新頻度がさらに落ちるかもしれませんが
変わらぬご愛顧いただければ幸いです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.