大和言葉

楽しゅうございました

tanosi

生みの苦しみという言葉があります。
いつだって、何かを創作する時は必ず苦しむのですが
先月まで取り組んでいたシナリオは、いつになく難産でした。

自分の書きたいものと書いたものギャップの大きさ。
つまり自分の目指したものに
自分の実力が追い付かないもどかしさ。

そんな喉に小骨の刺さったような違和感が
最後の最後までぬぐえずにいました。

いつもなら、書き終えた達成感と
全力を尽くしてこの程度かよという
相反する気持ちが、胸の内でざわつくのです。

んが、今回に限っては達成感はなく
ただただ、途方に暮れただけのような気がします。

もちろん、ハードルを上げたのは自分だし
それをクリアできなかったのも自分です。

情けないというか
不甲斐ないなという思いでいっぱいです。

1本書き上げて満足している時期はとっくに過ぎました。
そういうレベルの話ではなく
コンクールに出す以上は、入選を目指しているし
少なくとも最終審査には残りたいわけです。

かと言って、コンクール対策を練るとか
審査員受けがよさそうな作品とか
そういうモノを書くつもりはまったくありません。

あくまでも自分の土俵で勝負しないと意味がなくて
自分の土俵に審査員を引きずり込むくらいの気概がないと
何のために書ているのか分からなくなります。

確かに今回は不完全燃焼でしたが
すべてがすべて最悪の結果だったかといえばそんなことなく
当然、できたことやクリアしたこともたくさんあって
それは次回以降も継続できることではあります。

仕上げた以上は
当然他の作品より面白いという自負があって当然で
天狗になる必要はないけれど、無駄に卑下する必要もありません。

あくまでも自分の中の完成度という意味で
満足できなかったということです。

強気なんだか弱気なんだか分からないことを
つらつらと書いてきましたが
審査の結果はまだ出ていないので
そこは楽しみでもあり、若干の怖さもあります。

ま、ひとまず終わった作品はよしとして
次回作もきっとハードルを上げるんだろうけど
それを今度こそ乗り越えてみせるぞと気合いを入れて
今作に関しては一区切りとしたいと思います。


Leave a Reply

Your email address will not be published.