故事成語

五里霧中(ごりむちゅう)

maigo

熊本を中心とした地震の被害に遭われている方へ。
まずは、心よりお見舞い申し上げます。

一日でも早く
安心して眠れる日がくることを願っております。

現地の情報はニュースで垣間見ることしかできませんが
想像以上に混乱し厳しい状況が続いていると思われます。

東日本の震災が起きたとき
僕が住む町はライフラインが止まり
パニック状態に陥りました。

同じような状況になっているのだとしたら
本当に胸が痛みます。

ネット上でも様々な情報が飛び交っていて
どの内容が正しいのか判断に迷います。

さすがにすべての情報を網羅しているものはなくて
どれも断片的に、ある一部分を切り取った情報なのでしょう。

だから一部の特定のニュースだけに
フォーカスが当たらないよう
くみ取る側も心してかからなければいけません。

それでも納得のいかないことは多々あって
政府の対応だったり、原発の問題だったり
耳を疑うような発言が飛び込んできます。

5年前は民主党政権の時代で
明らかに浮足立っていることが、画面からも見て取れました。

あの時は、誰もがなにをどう判断したらよいのか分からず
ただただ途方に暮れるばかりでした。

けれども、阪神淡路大震災があって東日本の震災があって
そこから得た教訓は絶対にあるはずなんです。

それにも関わらず
じゃあその教訓が活かされているかというと
0ではないにしても効率的じゃないなと思うことがしばしば。

やっぱり自然の力の前には
人間の力なんてちっぽけなんですよ。

自然の恩恵に与っているという謙虚さを持ちつつ
自然と共に共存共栄をしていく道を探すことが大切で
間違っても、コントロールしようなんて思わないことです。

コントロールしようとして失敗して
「想定外」なんて言葉で片づけようとするから
手痛いしっぺ返しをくらうのです。

コントロールしようとしている側の人間は
血を流すことがありません。
だから、痛みが実感として分からないのです。

現場の人間は混乱しています。
今日を生き抜くだけで精一杯です。

どうかその痛みを分かってほしい。
机上の空論ではなくて実体験として。

繰り返しになりますが
一日でも早く復興の道筋が見えますように。

個人の力は微力ですが無力ではない。
みんながそのことを肝に銘じておきましょう。


Leave a Reply

Your email address will not be published.