新装版・四字熟語辞典

桃李成蹊(とうりせいけい)

momo

連日のように報道されている、某都知事のあれやこれや。
最初こそ、ドヤ顔で蹴散らしていた都知事も
今ではすっかり元気がなくなったご様子で。

そんなに複雑な問題なのでしょうか。
「私が間違っていました。申し訳ありません」
なんでこの一言が言えないんですかね。

給与を全額返納するから、リオ五輪まではとか
もはや茶番以外のなにものでもない気がします。

そこまでしてかじりつきたいのか、都知事の椅子に。

「どうやったら辞めていただけるんですか」
って、この質問もすごいなあと思います。

これほどまでに追及の手が厳しくなっているわけですが
なぜそれを国会議員相手にはできないのか。
これもまた不思議であります。

追求しなくちゃいけない人、たくさんいますよね。

不起訴になった途端、睡眠障害が治った人。
「新しい判断」で、公約をコロッと覆した人。

これですべてがまかり通るならば
今後、なにをしても大丈夫ってことですよ。

過ちを認め、考えを改めるのなら話は分かります。
でも、この発言をした人は反省なんかしていない。
自分の非を国際問題にすり替えちゃうような人ですから。

そもそも
社会保障費だけ財源が足りないっておかしくないですか。
他の予算は右肩上がりなのに。

政治的に右寄りだとか左寄りだとか
そんなことはどうでもいいんです。

単なる素朴な疑問として
おかしくないですかと問うているのです。

おかしなたとえを言い出すときりがないのですが
それを許している有権者にも
理解しがたいものがあります。

まさに、不思議な国ニッポン。

立派な人物のもとには
その徳を慕って人が集まるといいますが
どうやら得を狙ってたかっていると言った方が正しいのかも。

今、この国で起こっていることは
必ず我が身に降りかかります。
対岸の火事ではないということだけ、肝に銘じておこう。


Leave a Reply

Your email address will not be published.