故事成語

鶏口となるも牛後となるなかれ(けいこうとなるもぎゅうごとなるなかれ)

$こうたろう.com

団体というものがどうも苦手です。
大きな社会の歯車になることが苦痛なのです。

だからと言って、人を使う立場になりたいかといえば、そんなことはなくて
でも一人で活動するには、才能も技量も足りないし
孤高の人と呼ばれるには照れくさく、孤独の人と呼ばれるのはちょっと悲しい。

人を使うという言い方が好きではないのですな。
共に考え、共に四苦八苦し、共に成長していく。

その過程の中で、自分が音頭を取ることによって
コミュニティなりグループ内の活動が円滑に進むのなら
リードを取ることもやぶさかではない、といった感じでしょうか。

人の行動指針を決めるのは、思想や理想ではなく、環境と立場です。
だからリーダーになると、もれなくそれ相応の責任と覚悟がついてきます。

そのプレッシャーを楽しむことができるのか。
あるいは潰されてしまうのか。
そこが資質の問われるところなのです。

20代の頃は、自分の経験と知識の絶対量が足りなくて
一生懸命、仮面をかぶってリーダー然と振る舞おうとし
結局は空回りしていた気がします。

有無を言わさぬカリスマ性みたいなものがあれば
また話は違ったのかもしれませんが
残念ながら、そのようなモノは持ち合わせていませんから。

たとえば、政治が混乱すると(安定していた時期があるのかどうか疑問ですが)
社会が求めるのか、マスコミが作った虚像なのか
ポッとふってわいたような人が必ず現れますよね。

そして、これも日本人らしいと言えばらしいんですけど
世間の空気というモノに飲み込まれて流されてしまう。

で、いざ選挙なんかで当選したあと、その後の言動を見ると支離滅裂だったり。
そんなパターン、最近も見かけたりしていませんか?

たとえば、10代で父親と母親になった2人が
産まれたての赤ちゃんを遺棄する事件もありますよね。

なんだそれって。

…あ、すいません。
ここのところ、怒りモードが入っていたもので、また脱線しました。

人の話は横に置いといて。
我が身について考えなければ。

小さなカンパニーを作りますか。
お金のことはさっぱりなので、経理を任せられる人が絶対必要。
人見知りなので、代わりに宣伝してくれる広報担当も必要。
そして素晴らしき仲間たち。

ハートで結ばれた、なんて集団は脆く崩れやすいものです。
利害関係が一致していることが長続きするコツです。

この集団に属することで、自分が得をすると思えること。
そんなの空虚ですか。

いやいやどうして、ここが人間の面白いところで
スタートはそんな事情で始まったとしても
気がつけば、情も愛着も生まれてくるんですよ。
淀みなく、その集団が回転していれば。

で、肝心の僕の役割りはなんだろう…?

うん、次までの課題にしておきます。


4 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    たまに入ってくる怒りモードは
    こうたろうさんになにかあったのかな?
    どんなことかな?
    共に成長していく
    情も愛着も生まれてくる
    ふーもそう思うよ。
    こうたろうさんは人と人の間に入って
    心をつないであげることのできる方です
    大事な役割ですね。(‾◡◝ )

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ふーさん
    こんばんは。
    最近の怒りモードは
    体罰を苦に自殺した生徒がいて
    それ自体胸が張り裂けんばかりの痛みなんですが
    その後の周りの大人たちの対応がアホすぎて、怒り沸点に達しました。
    人と人の心をつないであげられたら
    それはとても素敵なことですよね。
    僕にそんなこと、できるのだろうか…?

  3. SECRET: 0
    PASS:
    そんな悲しいことが・・・。
    心を見ようとしない大人たち・・・。
    それは、怒っちゃっていいかも!
    こうたろうさんの様に
    心のドアをトントンとたたいてくれる大人が
    ひとりでもいたら
    笑顔を見せてみようかなと思うはず
    ねヾ('v'〃) 

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ふーさん
    こんばんは。
    しっかりしなくちゃなあと思いますよ、自分でも。
    人のふり見て我がふり直せってやつですね。
    相手の笑顔が見たかったら、こちらから笑顔にならないとね。
    ふーさんのこと見習わなくては。

Leave a Reply

Your email address will not be published.