雑記

ラブレター

$こうたろ.com
あなたは最近ラブレターを書きましたか?あるいはもらいましたか?
メールじゃダメですよ。直筆のラブレターです。

どんなに絵文字で飾り付けしても、直筆のラブレターには勝てないと思うのです。
ちょうど、電子書籍が文庫に勝てないのと同じくらいに。

という例えはもう時代遅れなんでしょうか。

ありがたいことに、今年は例年になくたくさんの年賀状を頂きました。
年賀状というシステム自体が、もはやすたれているのかも知れませんが
プリントアウトされたハガキの裏に
たった一行でもいいから手書きのコメントがあると
それはやっぱり嬉しいものでした。

携帯電話の三種の神器と言われる赤外線通信。
電話番号とメールアドレスは交換しますが
住所まで交換することってあまりないですよね。

でも住所が分からないと手紙の出しようがない。
わざわざ住所を教えて欲しいとお願いするのは気が引ける。
必然的に、メールに頼らざるを得ないわけです。

個人情報保護法ができて以来、連絡網を作成することが困難になりました。

僕の小学校の卒業アルバムには
堂々と実家の住所と電話番号が記載してあります。

ネット上に写真を公開するとき
自分の家族以外の顔写真にはモザイクを入れるようになりました。

はっきりいって不気味です。というか味気ないです。
なんだか淋しい世の中になったなあと、しみじみします。

デジタル社会が悪いとは言いません。
僕だってたくさんの恩恵にあずかっています。

でもね、と思うのです。

雪の降る静かな夜に、好きな人の顔を思い描いて一筆取る。
それもまた、おつなものじゃないかと思うのです。

ラブレターと言えば、この曲なんてどうでしょう。

この人もカバーしています。

こちらは、先日の第三舞台「深呼吸する惑星」の劇中で流れたバージョンです。

お気に入りのバージョンはありましたか?
最近の曲は、確かに詩は綺麗だけど飾り付けが多すぎるような気がします。
これくらいシンプルだと、ストレートに響きますよね。

ラブレターもこれくらシンプルに
それでいて、しっかり思いを込めて書いてみたいものです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.