英語

under the table

$こうたろう.com
:He got paid under the table.
:The deal was all done under the table.

北風吹き荒れる寒空の下
栃木SCのホーム、グリーンスタジアムへ
プレシーズンマッチを観に行ってきました。

相手は、J1でも屈指の攻撃力を誇る川崎F。
開幕を2週間後に控えた今
チームの仕上がり具合をテストする意味でも、貴重な1戦でした。

新戦力のお披露目も兼ねていましたから
否が応でも盛り上がるサポーター席。
スタメンが発表されるたびに歓声とどよめきが起こりました。

サポーターにとっても、新しいチャントを練習する機会でもあり
フロント、選手、サポーターと、チームがいよいよ動き出したなと
そんな感動と興奮を感じた90分でした。

さて、Jリーグのもう一つのお楽しみと言えば
なんといってもサッカーくじ。通称toto。

毎年ほぼすべての試合で購入していまして
今年も、当然のように買うつもりでいます。

ローリスク・ローリターンなので、高額配当は望めませんが
少しでもお小遣いの足しにでもなればいいなと思っています。

さて、賭け事について回るものといえば、いつの時代も八百長疑惑。
公平で公正に行われるべき試合を、何らかの圧力によって不正に行うものです。

お隣、韓国のKリーグでも発覚しましたし
カルチョの本場、イタリアでもたびたび報道されています。

幸いJリーグでは、「暴力団排除宣言」を謳っていることもあって
すべての試合がクリーンに行われています。(と、信じているのだけど)
ですが、どこからどう闇の手が伸びてくるのか分かりません。
審判が買収されることもあれば、選手が脅迫状をつきつけられていたり
世界のサッカー界を見渡せば、現実問題として起こっているのです。

あるいは、大相撲界を騒がせた八百長試合や、野球賭博問題など
お金が絡むと、人の心は、いとも簡単に悪い方へと流れて行ってしまいます。
ファンとして、サポーターとして、悲しいできごとです。

お台場カジノ構想なんてものもありましたけど
日本人には、賭け事ってあんまり向いていない気がするのは僕だけでしょうか。

競馬や競輪、競艇といったスポーツもありますが
それくらいで十分楽しめると思うのです。

今、国会では、サッカーくじの対象試合を海外のリーグ戦まで含めて
年間を通して販売しようという動きがあります。

サッカーくじは、基本原則として、スポーツ振興のために使われるものですから
恐らく、五輪誘致に向けた資金集めという背景があるのでしょう。

宝くじ同様、人の人生を大きく左右しかねないものですから
目の前の利益にだけ目を向けずに、慎重に議論してほしいものです。

あ、そうそう肝心の試合結果ですね。
おかげさまで、2-0という理想的な勝ち方を収めることができました。
着実に準備が進んでいる証拠です。

さあて、今年こそはJ1昇格目指して、栃木ファイティング!


Leave a Reply

Your email address will not be published.