雑記

途中経過その後

プロット(≒あらすじ)からシナリオに起こす作業が終わりました。
どうにか最初の山場を乗り切った感じです。

でも本当のクリエイティブな作業はここから始まります。
ゼミの先生にご指導頂きまして
指摘を受けた部分を中心に、リライトします。

あと10日前後で脱稿しなくてはなりません。
さてさて、結末や如何に?

あ、タイトルも正式に決めました。

じゃーん!
「遭いにキテ」
ということで、頑張ります。

ここ数日、連続して昔の作品の動画をアップしていたのは
実は、昔の自分はどんな作品をどうやって作っていたのだろう
なんてことを思い出したかったからです。
セルフカウンセリングみたいなものかな。

もちろん舞台とテレビドラマでは、シナリオの書き方も異なるのですが
「書く」という作業にどれだけエネルギーを注いでいたのか
そこを再確認したかったのです。

今の僕に、当時のような作品を作れと言われても、それは無理です。
なぜなら、環境も立場も趣味趣向も大きく変化したし
昔の自分を超えていかなければ、そこに進歩はないからです。

進歩したのか後退したのか、それは分かりませんが
ただ、熱量だけは常にマックスでいたいなと思います。
自分の限界を超えられるのは自分だけですから
たかだか10日程度、ハートがオーバーヒートしたってええじゃないかと。

でも、ハートは燃えても、頭はクールに。
そこだけですね、注意するのは。

そんなこんなで、またブログの更新頻度が落ちますが
それでもお付き合い頂ければ幸いです。

話は飛んで。
明日3月21日に
同じゼミ仲間(というか先輩)が書いたシナリオが
実際にテレビドラマ化されます。

第36回創作テレビドラマ大賞で大賞を受賞した、本河純子さん作の
「最終特快」
が、NHK総合で午後8時から放送されます。

ご興味のある方いらっしゃいましたら、ぜひご覧ください。


Leave a Reply

Your email address will not be published.