へんなことわざ

銃を買うためだったら、母を売ることも考えよ

$こうたろ.com
命をかけても、守りたい人がいますか?

比喩や心意気の問題ではなく、本当に命をかけるのです。

それは家族だったり恋人だったりするかも知れません。

でもスーパーヒーローじゃあるまいし
本当に命をかけて守ることなんてできるのでしょうか。

昔、付き合っていた彼女に
「2人でいるところを、恐い人たちに囲まれたらどうする?」と質問されて
「君が逃げ切るまでは、気絶しないように頑張るよ」と答えて
嬉しいような悲しいような、複雑な顔をされたことがあります。

余談です。

命をかけて守ることはできないかも知れませんが
ある人のためなら、命をあげてもいいかなあと思うことがあります。

そんなことされても迷惑だろうし
そんな気持ちはうっとおしいと思われるかもしれない。

それでも、ある人の泣く顔は見たくないわけで
もし神様がいて二者択一しかない選択肢を用意するのなら
命をあげてもいいかなあと思えるのです。

愛や勇気とは別の感情です。

この不思議な感覚はいったいどこから湧いて出てくるのでしょう。
もしかしたら消えることのない贖罪のつもりなんでしょうか。

いずれにせよ、単なる自己満足の世界なんでしょうね、きっと。

本題に戻ります。
もし、恋人や守るべき家族ができたとき
本当にやらなきゃいけないことは、命を犠牲にしてはいけないということです。

「あなたが好きだから、僕は死にません」という有名な台詞があります。
きっとそういうことだと思うのです。

愛する人のために命をかけて感動するのは、当事者ではなく第三者です。

そんなことをされたら、当事者は一生消えない傷を負うはめになります。
それが現実です。

だからこそ、生きなければならない。
命をかけて生きるのです。

いずれ歳を取れば、必然的に今生の別れを迎えるのですから
それまでは、どうにか生き続けてください。

って、誰にお願いしているのやら。


4 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    あの台詞にはそんな深い意味があったんですね(*^o^*)
    「死にません」
    という言葉がインパクトがあるから
    「大きく出たな」
    という印象でしたが、
    「好きだからこそ死にません」
    という点に意味があったんですね。
    20年たって目からうろこですo(^-^)o
    確かに浅野温子は婚約者が死んでしまって深く傷ついている役でした。
    それますが、竹内力の変貌はすごいですね(⌒~⌒)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >すずめさん
    あくまでも、私的見解ですけどね。
    そして博多座で、時代劇版「101~」が上演されること知ってました?
    博多でしか上演しないらしいのですが
    ちょっと気になるところです。
    竹内力は、どうしてあんなことになってしまったのでしょう。。。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    >こうたろさん
    主役の二人は同じなんですね。
    99回フラれ続けたエピソードは、「死にません」はどんなシチュエーションにされるのか、「死にません」は「拙者は死なぬでござる」なのか興味は尽きないですねo(^-^)o
    竹内力は、もともとああいう系統がよかったというか爽やかイケメンキャラは嫌で随分悩んだと、昔インタビューで読みました。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >すずめさん
    台詞は「拙者は死にません」らしいです。
    嘘か本当か、いいともに出ていた武田さん本人が言ってました。
    その他のシチュエーションも気になりますね。
    竹内力さんは、本人が満足しているなら、しょうがないか(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.