Plinky

Landscape

Q:心の窓から外の景色を見つめる時‐それがホンモノであれ比喩的であれ‐あなたは最初に森を見ますか?木を見ますか?

A:森を見ます。

ぼやけた輪郭でもいいから、まずは全体像を把握できるように努めます。細部はその後です。そうしないと、結局何が目的で、何を成し遂げようとしているのか、そこの本質的なピントがずれてしまうからです。

作業のイメージとして、ジグソーパズルを組み立てる工程に似ているのかもしれません。ピースを一つだけ眺めていても、正解は分からない。

だから全体の中の一部として捉える感覚を持つようにします。

人が何か動く時、まずは目的があって結果がついてくるというのが自然な流れなのです。

ところが、どこぞやの政党の代表の発言は、これが真逆になっています。結果を正当化するために目的付けをしている。だから発言の趣旨が乱れているし、矛盾しているのです。そしてそのことに本人が気がついていないということが、実は一番深刻でやっかいな問題だと思うのです。


Leave a Reply

Your email address will not be published.