英語

look after

$こうたろう.com
:My sister will look after my baby while I’m away.
:I was asked to look after the new employee.

自分のホスピタリティみたいなものについて考えます。

基本的に「世話をする」とか「面倒を見てる」というような
そんな考え方をしたことは、恐らく一度もないんじゃないかと思います。
たとえ、相手が小さな子どもであろうと。あるいはご老人であろうと。

奇弁でもキレイごとでもなく
僕の中では、あくまでもfor you(最近のキーワード)の精神で
一人一人と向き合っているつもりなんです。

ということは、両者の関係を深く掘り下げていくことになるので
どうしたって、一度に対応できる人数には限りがあります。
なぜなら掘り下げていくためには、時間を必要とするからです。

たとえば営業の仕事をしていてもこんな調子ですから
結果的に契約を結べなくても、お客様が満足してくれたら
それでいいやと思ってしまう自分がいます。

当然、会社的には何の利益にも繋がりませんから、無駄な行動と見られます。

それは分かるのです。

会社的に無駄な行動だということは、重々承知の上ですが
今、お客様が抱えている問題を一緒に解決してあげることに精力を注いで
最後に、「ありがとうございました」と言ってもらえたら
僕的には、オッケーだと思ってしまうのです。

ここで、一つの乖離が生まれます。

病院勤務をしていた時も同じです。
誰の何を最優先させるのかと考えた時に
僕は迷わず、今、目の前で困っている患者さんに目を向けます。

他の仕事をおざなりにしていいと言っているのではありません。

複数のことを同時に頼まれたのであれば
効率よく手際よく仕事をこなしていけたら何の問題もないのでしょうけど
現実的に身体は一つしかありませんから
どこかにそのしわ寄せが行ってしまいます。

で、やっぱりここでも乖離が生まれるのです。

要領のいい人は、この辺の立ち回りが非常に上手いです。
じゃあ、自分が要領よくなればいいだけの話なんですが
僕は、それを望んでいません。

だから会社の歯車になることができないし
組織のメンバーとして足並みをそろえて働くことが困難なのです。

損得勘定ができません。
そもそも損得勘定だけで動くことができません。
利己的な判断では、双方共に痛い目に遭います。

かと言って、自己犠牲の精神で働いているわけでもないです。
自分で自分に同情してしまったら、それ、かっこ悪いし。

…結局、今日も愚痴っぽくなってしまいました。

仕事はできて当たり前。
だからきちんと結果を残せば、誰にも文句は言われない。
その上で、自分の信じる道を行く。
そして誰にも文句は言わせない。

まあ、そういうことですな。


Leave a Reply

Your email address will not be published.