Plinky

Flip flop

Q:あなたが、自分の意見を切り替えた話題や論題について考えてください。なぜ、変えたのですか?

A:狭い見識の中で問題を解決しようとするならば、恐らくつまづくか失敗します。自分の芯がブレないことと、あらゆる事象に対して臨機応変に振る舞うことは別問題だからです。

自分の見栄とかプライドというものは、時に必要であるけれど、大抵の場合、無駄な労力を使うことの方が多い気がします。目標さえ見失わなければ、どんなルートを選択しようとも、何の問題もありません。むしろ直線で一気に駆け上がるより、紆余曲折を経てたどり着いた時の方が、意外と深みが増すことだってあり得ます。

何度か書いているので繰り返しになりますが、人の行動理由を決めるものは、置かれた環境と立場です。だからその時々で、常に何がベストの選択なのか、ということを念頭に置いておけば、つまらない見栄やプライドなんてどうだってよくなります。

僕は決して自分がノンポリだと言っているわけではありません。曲げられないものの一つや二つはあります。けれど、大志を成し遂げるために、自分で自分に足かせをしてしまうほど残念なことはないと思うのです。井の中の蛙大海を知らずでは、人生の見える景色がまったく違うと思うのです。

某劇団のキャッチコピーを借りるなら
「僕は変わらない。そして僕は変わり続ける」ということです。

ただ、一つ、理性だけでコントロールできないものがあります。それは「恋」という感情です。これだけはいくつになっても感情論が先行してしまいます。ま、恋に落ちると、抑えきれない心の状態(from 美里)になりますからね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.