へんなことわざ

マリファナを持っているやつが、真の友達!

$こうたろ.com
告白した女性に「私たち、いい友達でいられると思うの」と言われて
いい友達でいられたためしがありません。

当たり前といえば当たり前なんですが
僕は単純なので、言葉を額面通りに受け取って、いつも痛い思いをします。

男女の間で友情は成立するか、という中学生的な問いに
あなたならどのように答えますか?

知人<友人<真の友達、という順番に並べたとしての仮定の話です。

僕は、答えはイエスというようにしています。
ただし条件付きではありますが。

じゃあ、条件ってなんだって話ですよね。

同性同士の友情の質と、異性同士の友情の質を
同類のものとして考えるから話はややこしくなるのです。

確かに、あの人とは電話もするし、食事にもでかけるし、相談ごともする。
どちらかがどちらかに依存しているわけでもなく、対等な関係だし。

でも、もし何かのきっかけがあったら、セックスしちゃうかもしれない。
(あるいはしちゃった)

さあ、これでも友達関係と呼べるでしょうか。

そんな人、何人もいるよと言い切れる人は、ある意味幸福なのかもしれません。

前回の記事の続きのようですが
お互いがお互いに魅かれれば魅かれるほど
セックスをしたくなるのは当然の衝動だと思います。

セックスの価値観は、年代や状況によって異なるので
ここではあくまでも一般論としてのセックスと考えてください。

そんな衝動なんか起きないけど、友達だし、と言い切れるのなら
きっとその2人は当たり障りのない良い関係を築いているのでしょう。

ここまでのレベルなら、きっと身の回りにたくさんの友達がいるはずです。
仮に性的な衝動が起こったとしても理性で我慢できるなら
これはこれで悪くない話ですよね。

幼馴染や、同じ趣味趣向の人、ライバル、仲間、同志、etc…
言い換えることはいくらでもできます。

それでは、異性同士の真の友達ってなんだってことです。

恐らく、それは2人が一度は愛し合って愛しぬいて
どん底に落ちるところまで落ちて転がって
そこから必死に這い上がって、そして別々の道を歩き始めた時に
ようやく初めて生まれる関係性のことだと思うのです。

2人の関係性が、思い出に変わってなお、心からお互いを必要だと思った時に
生まれる関係性のことです。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >ken13_gkさん
    日本でこのことわざに一番近いと思われるのは
    「困った時の友ほど、真の友」らしいです。
    今回の「ことわざシリーズは」
    世界の変なことわざを集めようという趣旨のネタ本かが拝借しているので
    書いている僕も、正直手こずっています(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published.