故事成語

疑心暗鬼を生ず(ぎしんあんきをしょうず)

$こうたろう.com

サッカー男子日本代表戦が終わりました。
結果はウルグアイを相手に2-4の惨敗。

コンフェデレーションズ杯同様
世界のトップチームを相手に大量失点の敗退です。

どんなチームであろうと4失点したのでは、現代サッカーでは、ほぼ勝てません。
バルセロナであろうが、マンUであろうが。
これでまた、ザッケローニさんの株が下がって
セルジオ越後さんあたりが、更迭を声高に叫ぶんだろうなあ。

「ザックでは世界に勝てない」という不信と不安が大きくなる。
もしかしたらサポーターの中にもそういう思いが芽生えているかもしれません。

ザッケローニさんを擁護するわけではないですが
ウルグアイは、前回のワールド杯で、ベスト4に残った世界のトップチームです。

FWのスアレスとフォルランという両選手は間違いなくワールドクラスの選手です。
監督はマジシャンではないので奇策などはないし
仮にあったとしても通用するレベルじゃないです。

まあ、そんな相手にどうやって立ち向かうのか、ということが課題なんですけどね。

他人から信用を得るためには、当然ながら時間がかかります。
逆に信用を失うのは、一瞬のできごとです。

自分の素行に問題があるのだとすれば
本人が自覚して直していくしかないのですが
人は思い込みで生きているようなところがあるので
他人から見て、勝手に判断されて、小さな誤解が大きな勘違いに変わってしまう
なんていうのは、よくある話です。

疑うから他人を悪いと思い始める。
人が間違いを起こす一番の原因は、この疑う心です。

たとえば、エルサレムという聖地を巡って
ユダヤとイスラムとキリストの信者が激しく三つ巴の争いをしているのは
それぞれの信者が、自分の神様こそがが正しくて
他の神様の言うことは偽物と思い込んでいるからです。

中国や韓国は、未だに根強く日本に恨みを持っていて
現在の政府の右傾化を注視しているし
日本は日本で北朝鮮を信用していない。
国家レベルだとそういうことになります。

個人レベルで考えれば、嫉妬や他人の噂が、時に判断を狂わせてしまいます。
恋人を無条件で受け入れらない人は、心のどこかに、迷い鬼がいるからでしょう。

もちろん最初から無条件で成り立つ信頼関係の方が奇跡に近くて
普通はぶつかったり喧嘩したりしながら
お互いのズレをすり合わせて、そして少しずつ強固な関係になっていきます。

チームプレイなんて、その最たるものだと思うのです。
日本代表もそうやって、強くなっていけばいい。
…と、キレイにまとめたいところですが、本日はもう少しだけ続きを。

完全な私見になりますが
プロの選手なら、チームプレイという言葉を言い訳にして欲しくないのです。

スタンドプレイの行きつく先に
チームワークが生まれればいいんじゃないかとさえ思います。

かつて、中田英選手がチーム内で浮いてしまったのは
そこの部分の意識が他の選手と食い違ってしまっていたからです。

日本人は和を尊ぶ国民性を持っていますから、スタンドプレイは好まれません。
献身的なんて言葉、大好きじゃないですか。

でも世界のスタンダードで考えるなら
どんどんはみ出していかないと、没個性的と見なされ、相手にされなくなります。

当然、そこには義務と権利の関係があって
好き勝手と自由をはき違えてはダメです。

サッカーの話に戻りますが、本田選手が「最後は個の力」と言い続けるのは
そういう理由があるからだと、勝手に解釈しています。

今の日本代表に足りないものは、チームプレイや新旧の融合などではなくて
そこからはみ出る個の力なんじゃないかと、今日の試合を観て感じたのでした。


5 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして!
    君の意見に賛成!!
    その通りですよね。
    仲良しこよしの、
    チームじゃなくて、日の丸を背負った、
    プロ集団と言う所を、自覚して欲しいですね。
    でも、
    奇跡は起きるかも、、、って
    応援し続けます。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >amimamaさん
    コメントありがとうございます。
    日の丸を背負うって、とてつもなくプレッシャーがかかると思うのですが
    その壁を乗り越えて欲しいですね。
    もちろん僕も、応援し続けますよ!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    昨日は、サッカーを見れませんで・・・
    何か、思ってること全部を、こうたろうさんが書いてくれてましたww
    日本人の気質なのか?スタンド・プレーを嫌がるとこ・・・嫌いかな。
    いいじゃない!「個の力」発揮して欲しいし(*^_^*)
    外交でも、頑張って欲しいですよ。阿部さん!
    さぁ!来年が楽しみですぅ。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >お藤 さん
    こんばんは。
    代表は、どうしても練習量が限られてしまうので
    チームとしての約束事をマスターするだけで精一杯なところはあります。
    僕もエゴがいいというのではないのですが
    昨日の柿谷君なんか、チームでプレイしている時の生き生き感が少なかったかなあと。
    来年が、本当に楽しみですね!

Leave a Reply

Your email address will not be published.