オンガク

城之内ミサ-Lux~救い~

3年B組金八先生第6シリーズで使われた曲です。

第6シリーズと言えば、上戸彩さん。
僕は未だに「鶴本直」を演じた上戸彩さんを超える上戸彩さんを知りません。

他にも、中尾明慶君、本仮屋ユイさん、平愛梨さんなどが出演していましたね。

さて、音楽の方ですが、何も考えずに目を閉じて聴いてください。
もしかしたら、天使の羽が見えるかもしれません。

で、やっぱり芝居のクライマックスで使わせてもらいました。

夏祭り、花火が打ち上がり、感嘆の声を上げている観衆。
その花火の真下で、自分の青春と決別するために
トラウマを抱えた記憶の中の自分の首に両手をかける。
その姿は祈りに似ており、巡礼者のようでもある。
……というシーンです。

[youtube http://www.youtube.com/watch?v=8syWjEH2V04?rel=0&w=420&h=315]

追記
誰も褒めてくれないから、自分で褒めるけど、私、選曲のセンスある。
って当たり前か。
自分で書いて演出したシーンに、お気に入りの曲を当てているのだから。


Leave a Reply

Your email address will not be published.