雑記

20歳

成人、おめでとうございます。

そして、お待ちしておりました。大人の世界へウェルカムです。

と、書いて、はたと筆が止まりました。
大人の世界とは、いったいどんな世界を指すのでしょうか。

20歳になることと、大人になることは何の関係もありません。
それは、あなたの周りにいる成人を見ればよく分かると思います。

では、子どもの世界と大人の世界の違いとは。
思うに、良くも悪くも、子どもの世界には「答え」が用意されていました。
大学入試にいたるまでの学校教育はもちろんのこと
親や目上の人の考えが、少なからずあなたの人生の指針を決めていたはずです。

多感な思春期を過ごしてきた人も、反抗期を経験してきた人も
問題には、必ず「答え」があるものだと教え込まれてきたことでしょう。

本来、人生の問題とは、そうそう簡単に答えが見つけられるものではありません。
たとえ二者択一だとしても、どちらを選んでも正解か不正解か分からないような
そんな類のものばかりです。

20歳になるまでは、そこにどうにかこうにか答えを当てはめようと
本人以上に、周りの人間が躍起になっていたのではないですか。

もちろん、20歳を過ぎてもそういう人はたくさんいます。
誰かに手を差し伸べてもらって、その手を離そうとしない。
いつまでたっても、巣立ちができないでいる人たちですね。

ただ、「さあ、今日から、自由に羽ばたけよ」と放り出されても
それはそれで困ってしまうこともよく分かるのです。
だってこれまで、空の飛び方を教わってこなかったのですから。

先に述べた通り、人生の問題は非常にやっかいで困難なものばかりです。
10代は当たって砕けろの精神でよかったのですが
これからは、砕ける前に、立ち止まって考える時間を自分で作る必要があります。

たくさん考えて、たくさん悩んで、それでも正解が分からずに途方に暮れる。
きっと、その連続の日々が怒涛のように押し寄せてくるでしょう。

さあ、その時、あなたは「答え」を求めてうろうろさまよいますか?
それとも自力で乗り越えようとあがいてみますか?
安易な答えが欲しい人は、ネットでググっておしまいです。

情報は街中に溢れているので
スマホでもタブレットでも何でも使えばいいのです。

あがいてみようとする人は、はた目にはかっこ悪いかもしれません。
醜態をさらして、結局正解は見つからなかった、なんてことも多々あります。
でも、正解を見つけることだけが人生か
という生き方を、そろそろ終わりにしませんか。

形のないものに、人は恐れおののき不安を感じます。
けれど、その不安と闘い続けることでしか
やっかいで困難な問題と直面する方法はないと思うのです。

しんどい作業になるでしょう。
だからこそチャレンジしてみる価値があるのです。

そのチャレンジ精神を、人は勇気と呼び、
本物の孤独と優しさを教えてくれるのです。

そしていつしか、誰かに手を差し伸べる側の人間になっているのでしょう。

ハローハロー。
誰かと誰かが握手をしたよ。
つないだ、手のひら離さぬように。
君の温もり、次の相手に受け渡す。
それが、僕の使命なんだね。


2 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    記事読ませて頂いて感動しちゃいました!!私もブログで色んな情報を書いているので良かったら覗いてみてください☆更新楽しみにしてますね♪

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ことちゃまさん
    こんばんは。
    初コメ、ありがとうございます。
    更新頻度は低いですが
    その分、中身のあるものを書けるようにしたいと思っています。
    よかったら、また覗きに来てください。
    ことちゃまさんのブログにも遊びに行きますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.