オンガク

渡辺美里-サンキュ

「湖に浮かべたボートをこぐように、人は後ろ向きに未来へ入っていく。
 目に映るのは過去の風景ばかり。明日の景色は誰も知らない」

ポール・ヴァレリーさんというフランスの詩人の言葉です。

そうだよなあ、そうなんだよなあと妙に納得してしまいました。

考え方は二つ。
ポジティブに受け止めるか。ネガティブに捉えるか。

前者は、果てしなき冒険を手に入れます。
後者は、つかの間の安全を手に入れます。

過ぎし日々に感謝しつつ。でも縛られず。
凍えるような週末。

お体ご自愛ください。
[youtube http://www.youtube.com/watch?v=Pui3DrVwAqU?rel=0&w=480&h=360]

ハローハロー。
もしも、君がボートの向かい側に座ってくれるなら
君の目に映るすべてのものが、僕たちの明日なんだね。


Leave a Reply

Your email address will not be published.