へんなことわざ

戦争は好きだが、自分の血は流したくない

$こうたろ.com

極上のフグ刺しを一度でいいから食べてみたいと思います。

旅番組なんかでよく放送されているような
透き通るほど薄切りにされたフグ刺しを、箸でわっしゃと掴み
たれをつけて口いっぱいにほおばってみたいのです。

フグの歴史を調べれば分かることかもしれませんが
最初にフグを食べた人って、毒があるってことを知らなかったわけですよね。

で、一緒に食べた仲間のうちの何人かが、コロっと死んじゃう。
それでも食べることをやめずに、現在まで高級料理として鎮座しているのだから
人間の食欲っておそろしいですね。

すっぽんとか、ナマコとか、蛇の生き血とか
そんな食材まで必要とした時代があったということです。

うーん、リアルにサバイバル。

命と引き換えに、何かを得る。
その最たる例が戦争です。
なんだかんだと大義名分をつけたところで
人と人が殺しあうことには変わりないわけで
そこまでして手にしたい戦利品っていったいなんなんでしょう。

領土?
文明?

戦争を起こすことは簡単で
難しいのは、幕引きとその後の統治です。

イランやアフガニスタンが未だにくすぶり続けているのは
戦争後の統治が想像以上に難しいからなんです。

命は奪えても、民族の誇りや魂まで奪うことはできません。

だから、どこぞの国の正義が通用しないのです。
なんていう簡単な方程式をなぜ分からないかな。

あ、日本だけは、あっさりと魂を売り渡しましたね。
同盟という名の属国。

さてさて、きな臭い方へ話が流れだしたので、思い切って方向転換。

性懲りもなくサッカーの話を。

スタジアムへ試合を観に行くと、必ずグッズコーナーがあって
そこでは思考を凝らした様々なアイテムが販売されています。

我らが栃木SCの最大の戦利品と言えば
ホームゲームで勝利をあげたあと、選手、サポーターが一緒に歌う県民の歌。

今年は、何回歌えるかな。

そしてまずは今季最初のtoto。
こいつに今月の小遣いを託します。


Leave a Reply

Your email address will not be published.