雑記

つないだ、手のひら

テレビをはじめ、あらゆる媒体であらゆる人たちが
祈りと感謝と憎しみと悲しみを伝えています。

昨年、偶然にも拾われたこの命ではありますが
じゃあ、被害に遭われた方々に何ができるのだろうと、ずっと考えてきました。

そしてこれからもずっと考え続けることだと結論に達しました。
昨年のあの日、当たり前の日常が、当たり前ではない日常になりました。

だからこそ
生き残った僕たちは
生き残ったからこそ
当たり前の日常を当たり前に過ごすことの大切さを忘れてはいけない。

一人ひとりは微力かもしれないけれど、無力ではないはず。
微力も集まれば、大きな力となることを信じて。

恐らく多くの方がこの曲を東北の人々に捧げていることでしょう。
いいものは、何度見てもいいものなので
僕もこの場を借りて届けたいと思います。


Leave a Reply

Your email address will not be published.